スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

年収1000万円超えのビジネスパーソンが選んだ20冊 その1

必読!年収1000万円超えのビジネスパーソンが選んだ20冊という記事が掲載されていました。
どの本も、誰にもおすすめできる、定番の良書ばかりでしたので、私の読んだ感想を紹介したいと思います。

1位 私も、どれか一冊をすすめるなら、これだと思います。永遠の定番。
7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー
キングベアー出版
売り上げランキング: 24
おすすめ度の平均: 4.5
4 読みやすい本でした。
5 道に迷ったときに読むには最高の一冊
5 自己認識を改めたい方にぴったりの一冊。
5 これはおすすめです!
5 愛は動詞である

2位 訳文の読みにくさがあり、とっつきにくいところはありましたが、いつの時代にも通用する核心をついた話でした。
マネジメント - 基本と原則  [エッセンシャル版]
P・F. ドラッカー 上田 惇生
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 14
おすすめ度の平均: 4.5
5 管理職になったら読んでおいた方がいいです。
5 上司に是非読んで欲しい本
5 記念碑的作品
4 マネジメント
5 経営の本質を衝いた書

3位 これまた、名著。何度読んでも新しい発見があります。人とコミュニケーションを取るとはどういうことか、これで学びました。
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版
posted with amazlet at 10.10.06
デール カーネギー Dale Carnegie 山口 博
創元社
売り上げランキング: 72
おすすめ度の平均: 5.0
5 人間の本質に対しての鋭い洞察
5 やはりこの本は名著と思う
5 エピソードがいい
1 間違いだらけの処世術
3 処世術としては非常に優れた本なのでしょう

4位 企業の発展とは何か?顧客満足とは何か?を考えていたときに読んだ本。企業とは利益を得るために存在しているだけじゃないんだと言うことを勉強させてもらいました。
ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
ジェームズ・C. コリンズ ジェリー・I. ポラス
日経BP社
売り上げランキング: 101
おすすめ度の平均: 4.5
3 Built to Last(継続するための会社設立)
2 主張は矛盾しているが働くことについておおいに考えさせられる。
5 素晴らしい翻訳・・・
5 文学的経営本
5 時代を超え際立った存在であり続ける企業の永続の源泉とは?

5位 横山光輝の三国志にハマった同時期に読みました。戦闘だけでなく、様々な場面に応用が効く、集団を勝利に導く方法論は、非常に参考になります。
新訂 孫子 (岩波文庫)
新訂 孫子 (岩波文庫)
posted with amazlet at 10.10.06

岩波書店
売り上げランキング: 1219
おすすめ度の平均: 4.5
4 必読書。
5 青年へ推薦する書の一つ
5 孫子の作者は孫武
5 自分の会社の社長がダメ人間に見えるので注意!
2 内容が求めているものと違った。

6位 中学生のころから、何度も読みました。どの時代に読んでも、今の自分に参考になるモノを得られました。
論語 (岩波文庫)
論語 (岩波文庫)
posted with amazlet at 10.10.06

岩波書店
売り上げランキング: 769
おすすめ度の平均: 4.5
5 「論語」のスタンダード
5 勉強しながら
5 論語
5 徹頭徹尾 原文に親しんで味わう !
5 『論語』の魅力

7位 恥ずかしながら未読・・・。小説系、弱いです。
坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
司馬 遼太郎
文藝春秋
売り上げランキング: 3191
おすすめ度の平均: 4.5
4 勃興期にはあった(上位階級だけの?)「複線の人生」
4 明治時代の日本人
5 早く次を読みたくなります
5 日露戦争前
5 まずは手に取り読んでみるべし。

8位 こちらも未読。一度読まねば!
コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版
フィリップ・コトラー ケビン・レーン ケラー
Pearson Education Japan for JP
売り上げランキング: 17073
おすすめ度の平均: 4.5
4 マーケティングに携わる人の必読書
4 これ一冊でいい。
5 今度のフィリップ・コトラーさんは完全カラーだ!

9位 ビジネスとは?を考えさせられた本。ボリュームあるのですが、ぐいぐい引き込まれて、一気に読みました。
ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
エリヤフ ゴールドラット
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 538
おすすめ度の平均: 4.5
5 一気に読破しました
5 楽しみながら、課題解決手法が学べる小説
5 ぐいぐい引き込まれる。そして勉強になる。
5 衝撃!斬新!納得!
4 The Goal

10位 恥ずかしながら、恥ずかしながら未読。小山ゆうの、おーい龍馬は読んだのですが・・あ、あれは漫画ですね。
竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
司馬 遼太郎
文藝春秋
売り上げランキング: 1017
おすすめ度の平均: 5.0
5 「龍馬伝」にインスパイアされて再び購入しました。
5 一大長編です。読破後の感動も大
5 電車の中で泣いた作品
5 日本人の生き方・人生にたいする考え方を提示
5 竜馬



つづきは次回に

コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(年収1000万円超えのビジネスパーソンが選んだ20冊 その2)
次のページ(好きの反対は嫌いじゃなくて・・・)
プロフィール

purihiro

Author:purihiro
教育業界に身を置いて、はや15年。
その中での経験がみなさんの参考になればと思い、ブログを始めました。よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (26)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プライバシーポリシー
Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。ユーザーは広告のオプトアウト ページで Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。