スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

理解してから理解される

今日は小3~小6まで教えていた、S君のお母さんの話を。

実はこのお母さん、苦手だったんすよ。

いっつも電話でクレームを付けはるんです。

"成績が全然あがんないんじゃないの!"
"国語の先生、わからんって言うてますよ!"

さいごは、電話を叩きつけるように、ガチャン!!
ぐぅ、強烈―。

確かに、S君の成績はものすごく良いわけでは無かったです。
でも、最初の実力から考えると、十分伸びてるんです。

そのことを理解して欲しくて、お母さんに説明するのですが、全く理解してくれません。
私は、なんでわかってくれないんだよー!と、愚痴を言っていました。

しかし、わかってくれない原因は私にあったのです。
それは、ある本を読んだときに気づいたのでした。

本のタイトルは、スティーブン・R. コヴィー の7つの習慣。
ちなみに、私の人生を変えたと言っても過言ではない名著です。


7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー
キングベアー出版
売り上げランキング: 84
おすすめ度の平均: 4.5
5 ライフマネジメントの基本書
5 私生活や仕事を充実させるほんー
5 心に響く金言を習慣へ
2 評価は人に依りけり
4 あえて言わせて貰おう。 みんな「言霊」なんだよ。



その習慣の5番目が、
"理解してから理解される"

この言葉だけで、私の間違いがわかりました。
理解して欲しいという気持ちばっかりで、相手の気持ちを理解することなど、何も考えていなかったんです。
あー、いままで何やってたんだろ。
自分に原因があったことに、ショックをうけました。








後日、お母さんの気持ちを理解するために、面談させてもらいました。
よく聞いてみると、S君の家は昔からの旧家で、祖父母の権力が強大だったんです。

お母さんは、S君を難関校に受からせられなかったら、全責任を取れ!というプレッシャーを毎日のように浴びせられていました。
フォローするべきお父さんは、子どもの教育はお前の仕事と、丸投げをしてきます。

そのようなプレッシャーの中で、お母さんは壊れそうになっていたのでした。

全てを話したお母さんは、泣き崩れました。
でも泣いた後には、すごくすっきりされていました。
今まで誰にも理解してもらえなかった思いを、私が理解したからだと思います。

その後、私、お父さん、お母さん、S君を交えての4者懇談を行い、
お母さんがどういう状態かを説明しました。

お父さんは、びっくりしていました。
そんな状態になっているとは思ってもみなかったのです。

みんなに気持ちを理解してもらえたお母さんは、その後は目に見えておだやかになりました。そして、私の話も聞いてくれるようになりました。


理解してから、理解される。


自分のことを理解してほしい。
でも、その気持ちが先になってしまったら、だれも理解してくれない。


そのことを学んだ、貴重な経験でした。
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(同じミスを繰り返す人の共通点)
次のページ(カラーバス効果の功罪)
プロフィール

purihiro

Author:purihiro
教育業界に身を置いて、はや15年。
その中での経験がみなさんの参考になればと思い、ブログを始めました。よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (26)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プライバシーポリシー
Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。ユーザーは広告のオプトアウト ページで Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。