スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きの反対は嫌いじゃなくて・・・

好きの反対はなんでしょう?

普通は、嫌いですよね。
でも、マザーテレサの言葉に『愛情の反対は憎しみではなく、無関心である』というものがあります。
なるほど。

好きの反対は嫌いではなく、無関心。


好きも嫌いも、相手に関心を持っているから起こるキモチです。
関心がなければ、そもそも感情はおこりません。

恋愛ドラマとかでよくありますね。
初対面のときは、いがみあっていたのに、最後はくっついて、ハッピーエンドとか。


でも、だからと言って、
そうか!ボクは彼女に嫌われていると思っていた!
でも、嫌われているということは、関心を持ってもらっているってことだね!
やった!一歩前進だ!

という風にいかない場合が多いですな(笑)
この場合に多いのが、相手そのものに、興味を持ちすぎている場合。
”どこ住んでんの?”
”好きなタイプは?”
・・・みたいに矢継ぎ早に質問しても、相手はドン引き。


そういうときは、相手本人に関心をもつのではなく、相手の興味を持っている分野に関心を持つようにするといいかもしれません。
相手に関心を持つのではなく、相手の興味を持っている分野に関心を持つ。
これなら、ソフトにお互いの距離が近くなりますよ。

これは、恋愛だけでなく、思春期の子どもと接するときにも有効ですね。
この時期は、自分に関心を持たれるのをいやがる子って、結構いますから。

そういう場合も同じように、相手の興味がある分野に関心を持ってあげる。
サッカーが好きなら、自分もサッカーに興味を持つようにするのです。
そういう風に接するといい感じになると思います。




結論としては、相手に関心をしっかり持たないことには、好意は伝わらないということです。
配偶者に対して、子どもに対して、会社のスタッフに対して・・・
私自身、無関心になってしまっている人がいないか、再度気を引き締めたいと思います。


■この話に興味のある方は、この本がおすすめ
私自身、人とコミュニケーションを取るとはどういうことかを学ばせてもらった不朽の名作。読み返した回数では、7つの習慣に次ぐ多さです。社会人必読の書です。
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版
posted with amazlet at 10.10.05
デール カーネギー Dale Carnegie 山口 博
創元社
売り上げランキング: 81
おすすめ度の平均: 5.0
5 人間の本質に対しての鋭い洞察
5 やはりこの本は名著と思う
5 エピソードがいい
1 間違いだらけの処世術
3 処世術としては非常に優れた本なのでしょう

人を変えず、自分が変わる

私が管理職になり、部下を動かす立場になったときの話です。
部下のTさんは、どちらかというと、おっとり型。

“Tさん、あの件は伝えてくれた?”
“あっ、忘れました・・。すいません・・・。”

ということが良くありました。
私は、どうやったら伝達モレがなくなるか、その方法をじっくり教えました。
そして、悦に入っていました。
“怒るなんてナンセンス。仕組みをしっかり教えたら、部下は成長するもんよ”
なんて。

ところが、Tさんのミスはいっこうになくなりません。
それどころか、増えるありさま。

あれー???なんでやろ?
この方法をやってくれたら、ミスは無くなるはずやのに・・。


そして、ある日。
私はヨメさんが使おうと思っていたダンボールを、ゴミの日に捨ててしまいました。
ヨメさんは、なぜ捨ててしまったのか?
次からは捨てていいかをちゃんと確認してほしいと私に言いました。

わたしは、怒りました。
“そんなん、捨てて欲しくないなら、そういう場所において置けよ!
なんでいちいち確認せなあかんねん!”


あっ・・!

Tさんのミスが多い原因がわかりました。
私はTさんをのやり方を変えよう、変えようとしていましたが、
自分の伝達方法を変えようという視点が全く無かったのです。


それに気づいてからは、Tさんの性格にあわせて伝達方法を工夫するようにしました。
そうしたところ、Tさんのミスはみるみる減り、Tさんも明るくなってきました。
そして、ミスを減らすように自主的に工夫してくれるようになったのです。



人を変えずに、自分が変わる。
問題が起きたときには、自分が改善できることをまず考える。
そのことを勉強させてもらったのです


それ以来、無意識に他者のせいにしている言葉づかいを、極力直すようにしています。

例えば、
“私の時間がないんです”を、
“私が時間をつくれていないんです”

“私は忙しいから出来ない”を、
“私の優先順位がひくいから出来ていない”
とかいう風に。


他人と過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる。
これからも、それを意識して生活したいです。

■この話に興味のある方は、この本がおすすめ
変わらないといけないのは自分だ。著者がそこに気づいてからの熱い、熱い話です。
本気の教育でなければ子どもは変わらない (シリーズ教育を考える)
原田 隆史
旺文社
売り上げランキング: 31695
おすすめ度の平均: 5.0
5 著者の情熱を感じる一冊
5 あらゆる教育関係者に読んでほしい
5 自己啓発書の内容を教育で実践した人の教え
5 本気の教育の中身がわかる
5 著者の「熱」が文面から滲み出ています

夢を持たないという選択肢

実は私、小さいころか苦手な質問があります。

それは、
”purihiro君は、将来何になりたいの?"
という問いかけです。

なんでしょうか、あの空気。
”本屋さんになりたいでーす”
”公務員になりたいです!”
とか、言えない雰囲気ありますよね。

”プロ野球選手!”
”世界を渡り歩くビジネスマン!”
”会社の社長!”
みたいなことを言わないといかんような。

正直、何になりたいとかはなかったんですよ。
でも、夢を持て、夢を持てといわれる。

夢を持たないという自由は無いのか!
そんなことを思ったり、

ほかのみんなは夢があるのに、私には無い。私は異常なのか・・
とか悩んだり。


しかし、ある日この記事を読みました。
平本相武さんの、「価値観型」と「ビジョン型」タイプという記事です。


ビジョン型というのは、5年後に1000万円貯金する!というような、
将来の夢や目標から発想したほうが動機付けられる人。

価値観型というのは、お客様の喜ぶ顔を見たい!というような、
自分のこだわりや価値観に沿って、日々それを満たしているうちに充実した人生を送れる人。

このように、成功のアプローチを「価値観型」と「ビジョン型」
という2つのパターンに分けて説明しています。


私自身を振り返ると、

人の才能を見つけ、伸ばし、磨く。
そんな自分のミッションはスラスラ出るほうなのですが、

5年後にどうなりたいか。
そんな目標は浮かばないタイプなんです。

なるほど、私は価値観型の人間だったのか。なんかすっきり。




親と子に見られるすれ違いも、この理論で説明できそうですね。

親は、子に対して、○○高校に行きたい!というような、
ビジョン型の目標を持って欲しいと思っている。

しかし、子は友達と楽しく過ごしたいというような、
価値観型の目標を持ってしまう。

親としては、それでは物足りない。なので、けんかになってしまう。


上司と部下の目標設定でもありそうです。

上司は部下に、1年後に1000万円を売り上げる!というようなビジョン型目標を持って欲しいのに、
部下は、お客さんの笑顔を見たいという価値観型目標を持っている。


他人にはビジョン型の目標を求めるのに、自分は価値観型の目標を持ってしまう。
ま、大人ってそんなとこありますね(笑)

ビジョン型と価値観型。どちらの目標も大事。
それを意識しながら、生徒や部下を指導していきたいと思います。

■この話に興味のある方は、この本がおすすめ
成功するのに目標はいらない!―人生を劇的に変える「自分軸」の見つけ方
平本 相武
こう書房
売り上げランキング: 35470
おすすめ度の平均: 4.0
5 自己分析にいいです!
4 条件をなくして
3 価値観を重視して成功に向かっていく
2 タイトルからして矛盾
4 斬新だが物足りない
前のページ
次のページ
プロフィール

purihiro

Author:purihiro
教育業界に身を置いて、はや15年。
その中での経験がみなさんの参考になればと思い、ブログを始めました。よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (26)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プライバシーポリシー
Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。ユーザーは広告のオプトアウト ページで Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。